男の人

収益物件は厳選して選び抜くべし|最初が肝心です

賃貸経営を安定させる方法

相談

賃貸経営を安定させるには

不動産投資のひとつとしてマンションやアパート、また建物などを貸し出して賃料を得る賃貸経営は王道とも言えるものです。不動産投資はミドルリターンミドルリスクと表されるように、ちゃんとした経営を行うことができれば低いリスクで収益を上げることも可能です。しかし、それでも賃貸経営にはリスクがともないますし不安定化する場合もあります。このような場合にリスクを軽減できるのが一括借り上げです。一括借り上げは不動産会社などに建物を貸し付けることで、その賃料を得るというものです。メリットは空室があっても賃料が支払われるという点で、契約期間内は安定した収益を得ることが可能です。また管理に関しても任せることができるので経営にかかるオーナーの負担が軽減されるメリットがあります。

注意点とリスク

一括借り上げは、基本的には不動産会社に建物を貸し付けるということであり、不動産会社は建物を運用して収益を得て、その収益からオーナーに賃料を払う仕組みとなっています。このため不動産会社は中間マージンを得る必要があるため、直接入居者と契約するのと比べると得られる収益は低下します。また一括借り上げで問題となるのが、契約の更新です。最初は高い賃料での契約を行ってくれますが、建物の築年数などに応じて更新時に大幅な賃料の値下げを要求してくるケースがほとんどです。このため高い賃料で経営計画を立てるのは非常に危険です。また賃貸経営のノウハウがない状態で一括借り上げの契約を解除すると、賃貸経営そのものが成り立たなくリスクが伴います。このため一括借り上げを利用するさいには得られる収益の低下を見込んで将来の経営計画を立てることが重要になってきます。